--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-18

誰でもできるスロージョギング

歩くほどのスロージョギングがとても体にいい。心臓に負担がなく、しかもカロリー消費は「ウォーキング」よりも大きいのでダイエット効果もある。「ウォーキング」よりも筋肉を使うのでアンチエイジング。

私がやってみたところ、
スタート前に足などのストレッチをすることと、
両腕を上にあげて胸を開いて姿勢を良くしてそれを保ちながらやると良いと思う。


================
提唱者は福岡大学 田中宏暁先生
”ニコニコペース”

①ものすごくゆっくり(歩くほど)でジョギングする。
 ゆっくりでも歩くことではなかなか使わない多くの筋肉を使う。
 それでも心臓に対する負担は歩くことと同じ。

②踵(かかと)を上げ、つま先に重心を置く。背筋を伸ばし前傾して小幅にジョギング。踵はつけず爪先立ちで軽く走るかんじ。

③あごをあげ、背筋を伸ばし口は開ける。

④呼吸は軽く普通に。肩の力を抜いて自然に軽く手を振る。

⑤あくまでもお話しができるぐらいの”ニコニコペース”で行う。速くなりすぎたら、しばらく歩いて、またゆっくり始める。


http://www.youtube.com/watch?v=f48d4kkZRGo

http://www.youtube.com/watch?v=lLveKzudzbQ
スポンサーサイト

2012-10-01

涼しくなったら腰痛首こり注意

涼しくなると筋肉もやや硬くなります。首筋や腰など痛くなります。

シャワーではなく、お風呂に浸かってゆっくり過ごしましょう。

同じ姿勢を保たないで、少しだけ体を揺らすように頻繁に動きましょう。少し角度を変えるだけでも同じ筋肉への負担が少なくなり楽になります。

力を抜いて、アメを伸ばしていく様なゆっくりとしたストレッチをしてみましょう。

2011-08-22

免疫力をアップするためには

笑うことが一番です。

科学的実験でも、血糖値は下がり、

血圧の高い方の血圧も下がったりとか。



とは言っても、なかなか笑えないですよね。

そういう時は、とりあえず口の端を上げて

「作り笑い」をするだけでもいいのです。

脳は自分の笑顔の表情をフィードバックして

「あぁ 楽しい状態なんだ・・・」と勘違いして

楽しい時、愉快な時に出す脳内物質を出します。

もちろん、心から笑えるギャグ、コミック、映画などが

あれば、そのほうが効くと思いますけど。

笑いの後には、必ず免疫力がアップします。



放射能の内部被爆では、

取り込んでしまった放射線が

体内から細胞のDNAを貫いて傷をつけるとか。


免疫力を上げるということは、治癒力を高める、つまり

その傷を自分が修復する力を高めるということです。

もちろん、暴飲暴食、睡眠不足、ストレスは

免疫力を低下させます。


お勧め大笑い本としては、

筒井康隆とか、米原万理、

岸本佐知子の「ねにもつタイプ」など。

最近の作家はちょっと解りません。




2011-06-21

私のニックネームは「おせん」です

はじめまして

私は「おせん」と申します。

巷では「汚染」が大きな顔をしておりますが

私こと「おせん」は免疫力をアップする情報を

書いていこうと思います。
プロフィール

おせん

Author:おせん
おせんは汚染は嫌いですっ!
放射能に弱った体の免疫力をアップするヒント、鍼灸の情報などを書いていくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。